インテリア

デザイン住宅の基本|腕利きの設計士に依頼しよう

良い住宅建築業者と情報

家

現場の監理、監督が重要

神奈川県で注文住宅を依頼するとき住宅建築業者の品質や管理能力が、どれ位なのかは分かりにくいです。広告の宣伝文句や展示上のモデルハウスはメーカーが客に見てもらうために装飾されたものになっています。これらに惑わされて購入してしまうと本質的な品質と施工する際の管理能力を見誤ることになり、展示上で見たものと違うものになってしまいます。これらを避けるための判断基準の制度は主に2つあります。1つめは「住宅性能表示制度」で第3者機関による設計と施行の検査になります。2つめは「長期優良住宅制度」で設計だけの審査になっています。しかし神奈川県でも大手ハウスメーカーから工務店まで、これらの制度を利用している所としていない所があります。そして注文住宅の場合は一軒一軒が違うため、これらの制度で判断することが難しくなっています。そのため注文住宅では家主が常に業者と相談して、工事途中の住宅を頻繁に見に行き監理、監督することが重要です。

経験者の成功例を聞く

注文住宅に関する情報は、神奈川県でメーカーが出しているものを含めてインターネットで数多く出回っていて迷ってしまいます。この場合は注文住宅を建てた経験者に成功例を聞けば、大いに参考になるでしょう。出窓は費用も掛かり、デザインによっては家に似合わないこともありますが、植物などを置くことができ、部屋全体が大きく感じるという良い意見もあります。また二重窓も好評で夏はエアコンがすぐに効いて、冬は暖かいため光熱費が掛からずに済みます。このためお風呂も一年を通して快適に入ることができ、防音効果も高いため精神的にも落ち着いた生活ができます。これらのように神奈川県でも注文住宅経験者の意見を参考にすることで、数多くの情報の中から正しいものを選ぶことができます。